カテゴリー
XMの知恵袋

XMの出金拒否は詐欺?トラブルの有無や銀行、2chの反応をまとめて解説!

XMの出金拒否は詐欺?

さまざまな噂が飛び交うXMの出金拒否について、トラブルの有無や詐欺なのか、詳しく解説していきます。

XMの出金拒否は詐欺なのか?

XMの出金拒否は詐欺なのでしょうか?

結論を先にお伝えすると、XMは詐欺を行う悪徳海外fx業者ではない、ということができます。

 

では、なぜXMは詐欺を行う悪徳業者ではないかというと、XMの社会的な信頼性と出金拒否による詐欺を行うメリットが希薄であることが理由です。

XMは現在、数々のスポンサーやチャリティー活動を行なっており、社会的な信頼性が非常に高い海外fx業者であるといえます。

 

そのような業者が、評判に目に見える形でつながりやすい出金拒否による詐欺を行うのは、長期的に見れば何の利益も生まないことは言うまでもありません。

もちろん、XMが出金拒否を行うケースもありますが、それは正当な理由の上で行なっているものなんですね。

 

ですが、その理由を理解していないために短絡的に「詐欺である」と判断してしまうケースが多いということがいえるでしょう。

XMの出金拒否トラブルの2chの反応

では、XMにおける出金拒否トラブルの2chの反応はどうなのでしょうか?

実際にXMで出金拒否のトラブルがあった場合に、一番荒れそうなのが2chともいえます。

 

しかし、XMの出金拒否について、2chでは「トラブルにあった」「詐欺だ」というような内容の口コミは見られません。

むしろ、XMでの出金拒否について2chで言及している口コミとしては、

  • 出金拒否にあったというのは、出金ルールを理解していないだけなのでは?
  • XMで出金拒否にあったことは一度もない

といったようなものばかりなんですね。

 

つまり、XMの出金拒否に対する2chの反応をみても、XMの出金拒否は詐欺だという実態は幻想に過ぎないといってよいでしょう。

むしろ、XMによる出金拒否を受けてしまった場合は、詐欺疑惑を疑うよりも、まずはXMの出金ルールを見直すことが賢明かもしれません。

XMの出金拒否と銀行の関係

海外fx業者であるXMによる出金拒否を詐欺だと決めつけるよりも、その出金ルールをしっかり理解しておくことが大前提なのはお伝えした通りです。

そんなXMの出金ルールの中でも、XMでの出金に対応している銀行から海外送金しようとしているのか?という点は非常に重要です。

 

しかし、意外にも海外送金に対応していない銀行へ出金しようとしてしまっているケースも多いものです。

そのようなXMの出金ルールを理解できていないことが原因であるのに、「XMは出金拒否をする詐欺業者だ!」と決めつけてしまうのは残念ながらお門違いといえるでしょう。

 

具体的に、XMで海外送金による出金を取り扱っていない銀行としては、

  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 新生銀行

などがあります。

また、みずほ銀行でもネット支店の場合は、XMの海外送金による出金は対応していません。

XMの出金拒否を疑ったらメールよりもチャットを活用

XMがなかなか出金に応じてくれない場合は、どんな熟練トレーダーであってもやはり不安になるものです。

そんなときは、どうしても「XMが出金拒否をするのでは…」「詐欺なのでは…」と考えてしまうものですよね。

 

しかし、XMへ出金対応を確認しようとメールをしようにも、なかなかメールの返信が返ってこないのが関の山といえるでしょう。

ですが、そんなときにおすすめなのが、日本語で対応してくれるライブチャットを活用することです。

 

XMのライブチャットは、平日であれば24時間いつでも対応してくれるため、メールよりも対応が早く無駄な心配をすることもありません。

ただし、XMのライブチャットは土日や祝日は対応していないこと、また会社の部門が分かれているので、すぐに出金できない理由を確認できない場合もあります。

XMの出金拒否は高額でも大丈夫なのか

特に高額で出金したい場合など、「XMで出金拒否が起こるのでは…」「詐欺をされたらどうしよう」などと不安になってしまうかもしれません。

ですが、結論から言えば、出金が高額だからといって出金拒否がされるわけではないのです。

 

先にお伝えしたとおり、XMで出金拒否がなされるほとんどの場合は、出金のルールをトレーダー側がきちんと把握できていないことが原因です。

たとえば、クレジットカードから入金した金額については、クレジットカードのみの出金になるなど、特に初心者にとってはルールが複雑だと感じてしまうかもしれませんね。

 

そのほか、XMが禁止している取引を意図せずしてしまっているため、出金拒否となる場合もあります。

当たり前のことではありますが、XMで取引を行う際には、禁止事項やルールなどをあらかじめきちんと確認した上で行うのが鉄則といえるでしょう。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMのスプレッドは広い?広がる時間帯は朝?比較一覧や狭い通貨などを解説!

XMのスプレッドは広い?

その実態について、広がる時間帯や比較一覧などを合わせて解説していきます!

XMのスプレッドは広いのか

XMのスプレッドは広いのでしょうか?

結論からいえば、XMのスプレッドは国内fxや海外fxと比べても広いということができます。

 

特に、国内fxで取引していた人からすると、「XMのスプレッドは広すぎ!」と思われても仕方がないのかもしれません。

ちなみにそもそもなのですが、スプレッドとは「売り値」と「買い値」の間に生じる差額のことです。

 

そのため、スプレッドの広さは利益にも直結するために、fxで取引する際にはとても重要視すべき点なのですね。

一方で、fx業者を選ぶ際には、スプレッドの広さだけではなく、ボーナスや信頼性なども加味して選ぶべきなのは確かです。

 

しかし、そうは言っても、スプレッドの重要性は変わりません。

そんなXMのスプレッドについて、比較一覧を確認していきましょう。

XMのスプレッド比較一覧

XMのスプレッドの比較一覧として、メジャー通貨の平均スプレッドを確認していきましょう。

  • 豪ドル/カナダドルの平均スプレッド(3.0pips)
  • カナダドル/スイスフランの平均スプレッド(3.7pips)
  • ユーロ/円の平均スプレッド(2.6pips)
  • 英ポンド/米ドルの平均スプレッド(2.3pips)
  • 米ドル/カナダドルの平均スプレッド(2.1pips)

 

スプレッドには、平均スプレッドのほか、最小スプレッドやリアルタイムスプレッド、最大スプレッドなどが存在します。

しかし、スプレッドが広がりやすいXMでは、時間帯などによってもスプレッドが大きく変わります。

 

そのため、いろいろな種類のスプレッドがあるものの、XMでは平均スプレッドをまず確認するのが基本となります。

XMのスプレッドが広がる時間帯

XMのスプレッドが広がる時間帯は、基本的に朝の時間帯が多いです。

具体的には、日本時間の朝6時くらいから7時くらいまでの時間帯が、XMのスプレッドが一番広がるといわれています。

 

これは、世界のほかの市場がまだクローズされている時間帯にぶつかっていること、あるいは、オープンされたばかりの時間帯と重なっていることが原因です。

そのため、まだ市場に出ている人が少ないといえ、その結果としてXMのスプレッドが広がるのですね。

 

特に、週が明けた最初の朝の時間帯は、XMのスプレッドがほかの時間帯よりも広がりやすい傾向があります。

そのほか、時間帯ではありませんが、経済指標において大きな発表があった時や年末年始などが重なると、XMのスプレッドが広がりやすくなるので注意しましょう。

XMゼロ口座のリアルタイムスプレッド

XMでは、スタンダード口座やマイクロ口座のほか、ゼロ口座などがあります。

しかし、その中でもスプレッドが狭いといわれているのがXMのゼロ口座です。

 

そんなXMゼロ口座のリアルタイムスプレッド一覧は、

  • 米ドル/円のリアルタイムスプレッド(0.05pips)
  • ユーロ/円のリアルタイムスプレッド(0.15pips)
  • ユーロ/米ドルのリアルタイムスプレッド(0.1pips)

となっており、非常にスプレッドが狭いことが分かります。

 

リアルタイムスプレッド一覧を見ても明白なのですが、XMのゼロ口座では、

  • ドル円
  • ユーロ円
  • ユーロドル
  • ポンド円

などが注目すべき狭小スプレッドといえますね。

 

そのため、XMのゼロ口座では手数料が高めであることはネックともいえますが、スプレッドの狭さを効果的に生かすことができれば、利益にもつながりやすいといえるでしょう。

XMのスプレッドは狭い通貨と往復手数料に注目を

XMのスプレッドは広すぎる傾向が強いため、手を出しにくいと感じてしまうかもしれませんね。

しかし、その中でもXMの特性を利用して、うまく取引をしていくことは可能なのです。

 

特に、XMでスプレッドが狭いといわれているゼロ口座を活用することは大切な選択になるでしょう。

また、ドル円・ユーロ円・ユーロドル・ポンド円などスプレッドが狭い通貨を比較しつつ、取引を行っていくことも重要です。

 

ただし、XMのゼロ口座はスプレッドは狭いのが特徴ではあるものの、往復の取引手数料が10ドルかかってきます。

そのため、スプレッドやスプレッドが狭い通貨だけにとらわれず、総合的な目線で判断していくことが欠かせないといえるでしょう。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMのアプリの使い方(mt4/mt5)や見方を解説!iphoneのログイン方法も!

XMアプリの使い方や見方をご存知でしょうか?

慣れていないとややこしいと感じてしまうXMアプリの詳しい使い方についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

XMのアプリの使い方(mt4/mt5)

XMで利用できるアプリには、mt4専用のアプリやmt5専用のアプリがあります。

また、そのほかにもXMで独自開発されたアプリも存在します。

 

ただし、XMで独自開発されたアプリは、mt4からは利用することができず、そのためXMで独自開発されたアプリの使い方としては、mt5を利用していることが前提となります。

そんなXMで利用できるアプリの特徴としては、mt4・mt5アプリの場合、

  • どのfx業者の場合でも取引可能
  • チャート、インジケーター、オブジェクトを確認できる

といった特徴があります。

 

また、XMの独自アプリの場合は、使えるのはXMのみですが、口座管理や入出金をアプリから行うことが可能です。

詳しい使い方について、さらに解説していきましょう。

XMアプリの見方

XMのアプリでは、インジケーターから分析をすることが可能です。

特に、ローソク足ともいわれる移動平均線は、現在のトレンドを知るために欠かすことができません。

 

そんなXMアプリにおける移動平均線・インジケーターの表示方法は、

  1. XMのアプリでチャート画面を表示させる
  2. 画面の上側にある「f」を選ぶ
  3. インジケーターの画面より、「メインウインドウ」を選択する
  4. 「Moving Average」を選択し、期間を選ぶ
  5. 「完了」を押す

このような流れで行います。

 

移動平均線の数値としては、5〜200で設定されることが多いのですが、状況に応じて変更していきましょう。

また、移動平均線の見方としては、特定の期間における為替の終値のアベレージを確認するようにし、トレンドをつかんでいくのがおすすめです。

XMアプリでログインできない場合の対処法

XMのアプリを利用していると、iPhoneなどでまれに「ログインできない」という状況に遭遇します。

しかし、そのXMアプリにログインできない原因としては、いくつか想定されるものがありますので、あらかじめ知っておくと対処に困ることはないでしょう。

 

具体的に、XMのアプリにiPhoneなどでログインできない場合の原因としては、

  • IDまたはパスワードに入力ミスがある
  • アプリにアップロードがあった

などが考えられます。

 

これらの対処法としては、IDやパスワードに入力ミスがないように慎重に入力することはもちろん、一番はじめに確認するようにしましょう。

そして、入力ミスがないようならば、一度アプリではなくウェブページからマイページにログインできないか試してみるのがおすすめです。

 

それによって、アプリ自体に問題があるのかどうかを確認することができるためです。

そのほか、アップデートもされていないようならば、XMのサポートセンターに直接確認してみるのがおすすめです。

XMアプリの一括決済

XMのアプリでは、スマホからの一括決済はできません。

これは、mt4やmt5どちらに関しても、同様に一括決済は行うことができないのがXMアプリの現状といえます。

 

そのため、スマホのXMアプリで決済を行う場合は、一括ではなく、一つ一つの決済を手動で行っていく必要があります。

ですから、実質的にはスマホでXMアプリを使って決済するのはなかなか厳しい作業といえますね。

 

なお、pcの場合はツールなどの使用状況にもよるものの、スマホと違って一括決済をすることはもちろん可能です。

ここまで確認すると、スマホのXMアプリからは一括決済ができないなら、あまり使えないかも…と思われる方も多いかもしれませんね。

 

しかし、スマホで使えるXMアプリは、先にお伝えしたように出先であってもさまざまな確認を行えるのが魅力といえます。

そのため、スマホとpcの機能を使い分けて、取引に活用していくべきといえるでしょう。

XMアプリの指値注文

XMアプリでは指値注文ができない、といった声もしばしば聞きます。

しかし、これはXMアプリでは明確に「指値注文」と書かれていないために、こういった混乱を生じさせてしまっているのです。

 

つまり、XMアプリでは指値注文を別の言葉で言い換えされているということなんですね。

具体的には、指値注文は「Buy Limit」という言葉で表現されています。

 

ちなみに、逆指値注文については「Buy Stop」と表現されています。

これは知っていないとさすがに気づくことはできませんし、指値注文できないと思っても仕方がないのかもしれませんね。

 

チャートなどを確認しながら、XMアプリでも指値注文「Buy Limit」を使っていきましょう。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMは両建て禁止?バレるとどうなる?証拠金や維持率、自動売買も解説!

XMは両建て禁止?

その実態について、詳しくお伝えしていきます。

XMは両建て禁止?バレると突然口座凍結?

XMでは両建てが禁止なのでしょうか?

XMでの両建てがバレると突然口座凍結された…なんて話も聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

XMでの両建てについて、結論からお伝えすると、「XMでは両建てしてもOK」というのが実態です。

では、なぜXMでの両建てが「バレる」だとか「XMで両建てをして突然口座凍結された」といった話が出回っているのでしょうか?

 

それは、XMにおける両建てで禁止されているルールを破ってしまったためなんですね。

具体的なXMの両建てをする際に禁止されているルールについては、追って詳しくお伝えしますが、この禁止されているルールを破ったことがバレると、突然口座凍結されることもありうるのです。

 

では、XMでの具体的な両建てのやり方について、まずは確認してみましょう。

XMでの両建てのやり方

XMでの両建てのやり方としては、証拠金の維持率に留意することが大切になってきます。

というのも、XMで両建てを行うと、証拠金がかからなくなります。

 

そのため、それ以上損失が増えずに、逆に新規でポジションを保有すれば損失分を挽回できるチャンスが生まれるわけですね。

そして、損失分を挽回できる状態で両建ての決済をすればOKです。

 

そのほか、XMでは指標が発表される際の両建ては禁止されておらず、両建てを行うことができます。

ですから、指標が発表されたあと、含み損のポジションを損切りすることが可能なんですね。

 

XMの両建てでは、このように証拠金の維持率や指標に注目したやり方がおすすめです。

両建てのメリットを活かして、損を小さく利益を大きくしていきましょう。

XMの両建てを複数口座で行うのは禁止

XMの両建てでは証拠金が相殺されるために維持率をチェックしておくことのほかにも、注意しておきたいことがあります。

それは、XMで両建てを行う際にもっとも重要だともいえる、禁止事項のルールです。

 

具体的には、XMでは複数口座を持つことができますが、実際は複数口座で両建てを行うことは禁止されています。

これは、名義が同じであっても複数口座間で両建てを行うことはできません。

 

また、XM内の複数口座以外でも、他の海外fx業者も含めた口座間でも両建てを行うことも禁止事項となっています。

そのほか、複数の人がグループを組んで両建てを行うことも禁止事項にあたります。

 

これらは「どうせバレないだろう」と思っていても、XMの方できちんと監視されているため、絶対に行わないようにしましょう。

XMの両建てと自動売買

XMでは、複数口座でEA(自動売買)を行うこともありますよね。

しかし、そのような場合に注意が必要なのが、両建てをしようと思っていなくとも複数口座で両建てをしてしまう場合がある、ということです。

 

もちろん、意図的ではなかったとしても、XMの複数口座にて両建てを行えば、禁止事項に抵触してしまうことになります。

そのため、XMの複数口座でEA(自動売買)を行う場合は、通貨ペアなどを意識しながら、禁止されている両建てをしてしまわないよう注意しましょう。

 

そのほか、XMでは両建てを行うことでロイヤリティポイントを獲得することもできます。

しかし、このロイヤリティポイントを獲得する目的のためだけに両建てを行う行為も禁止とされています。

 

XMでの両建ての禁止事項を知らないがために、突然口座凍結された…ということがないよう注意したいものですね。

XMの両建ての解除とキャッシュバック

XMの両建て解除とは、XMにおける両建ての買い(ロング)と売り(ショート)のポジションを同時決済してしまうことです。

なぜ、両建ての解除を行うのかというと、それによって、買い(ロング)または売り(ショート)のどちらかのポジションを切り詰めることが可能だからなんですね。

 

具体的には、両建ての解除には、

  • 通貨ペアを指定
  • 対象玉を指定

この二つの方法があります。

 

なお、この両建て解除によって同時決済を行なった場合の、キャッシュバックは発生しませんので覚えておきましょう。

また、これは当たり前ともいえるのですが、XMにおける両建ての禁止事項に抵触した場合は、キャッシュバックが発生しないことがあります。

 

これらに注意して、XMで安全に両建てを行うようにしましょう。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMのレバレッジに制限?888倍に出来ない原因とおすすめのレバレッジ

XMで調子よく稼いでいたのに、突然レバレッジに制限がかかる。
勝負をしたいときに888倍のレバレッジを効かせられないのは手痛い状況です。

XMは888倍のレバレッジが魅力ですが、2019年4月よりいくつかの要因が重なると制限がかかってしまうようになりました。

どうして制限がかかるのか、どうやったら解除できるのかを理解し、888倍までレバレッジを効かせたトレードで勝ち進んでください。

XMのレバレッジの制限

国内業者が最大25倍までのレバレッジに対して、888倍という途方もないレバレッジが効かせられるXM。
大きく勝負に出たい時にはとても頼りになります。

ですが、ある日突然制限がかかるとせっかくのチャンスを逃してしまいます。
覚えておいて損はない、レバレッジの制限がかかる原因は主に4つです。

  • 大荒れの相場
  • 口座の有効証拠金
  • マイナー通貨ペア
  • EA(自動売買システム)

見逃してはいけないのは、制限がかかる場合にはメールが来ます。
多くの人はトレード中の忙しい時にレバレッジが下げられていることに気が付くので、慌てます。
まずは落ち着てメールをチェックしてみましょう。

アカウントごとにかかる制限

原因によって、レバレッジに制限がかかるのですが、一体888倍からどれほどまで変更されるのかが知りたい所ですよね。

ここで注意したいのが、口座ごとではなくアカウント毎に制限がかかるということ。

XMでは、1アカウント8つの口座が持てます。
なので、1つの口座に制限がかかったからと他の口座で取引しても同じことなのです。
一番厄介なのは、口座の有効証拠金が原因で制限がかかった場合。

  • 2万ドル(約200万円)以上に達した場合は200倍まで
  • 10万ドル(約1,000万円)以上に達した場合は100倍まで

間違えてはいけないのが、1つの口座ではなく、アカウント1つで保有している全ての口座の合計ということ。
しかも、入金時にもらえるボーナスも含まれるので忘れずに入れて計算をしておかないと、突然制限がかかってしまいます。

「せっかく口座に200万や1,000万も入ってるのに丸ごと動かせないなんて残念!」とは思いますが、複数の口座を持っているなら、資金管理の観点から常に注意して計算しておくのが無難な方法です。

XMのレバレッジの変更確認はとっても簡単

888倍のレバレッジが可能なXMですが、口座開設の際に設定したレバレッジは後で変更可能です。

設定の仕方も簡単。
XMへログインし、口座タブから【レバレッジ変更】へ進みお好みのレバレッジに変更するだけ。

強制的に規制がかかった場合、一度確認する場合も同じです。
もちろんスマホからも変更OKです。

XMのレバレッジおすすめ

XMのおすすめのレバレッジ倍率は、結論からお伝えすると最大の888倍がおすすめです。
しかし、使い方を間違えるとすぐロスカットになってしまう。

少ない資金で大きな取引ができるXMでFXをするなら、ハイレバレッジを上手に使いこなすのが醍醐味です。

相場が大荒れのときに制限がかけられるのも、資金を守るための救済措置であり、時間経過で開放されます。

ただし、証拠金の合計に関しては、制限がかかったら自分で解除をしなければいけません。

確実な利益を大きなレバレッジで逃がさない。
手堅い時に大きい倍率にする。

最もおすすめするトレード手法です。

888倍はXMの醍醐味!チャンスを逃すな!

888倍のレバレッジはXMの醍醐味です。
相場が荒れた時やマイナー通貨の取引は、取引タイミング1つで大きく結果が変わります。

投資をするにあたり、資金管理は勝てるトレーダーの必須条件です。

勝負所でのレバレッジ制限。
一瞬のタイミングすら見逃せないトレーダーにとって、人生を左右してしまうほどの大失敗です。

EA(自動売買)の利用は、特に証拠金管理が重要なポイントになってきます。
いつでも最高のパフォーマンスを発揮できる状況を作利、888倍のレバレッジで大きな勝利を掴んでください。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMはスキャルピング禁止?手法や通貨ペア、スプレッドや手数料などを解説!

買いと売りを一日の中で多く繰り返し、利鞘を稼ぐスキャルピング。

デイトレードの一種です。

細かく繰り返すので、スプレッド幅が狭い場合には効率のよい手法です。

そのため、中にはスキャルピングを禁止しているFX業者も存在しています。

XMはスキャルピング禁止なのか

XMでは公式サイトでしっかりと「禁止していない」と公言しています。
そのため、スキャルピングをしても口座の凍結はされません。

ですが、ルールは存在しています。

  • 複数口座間での両建て
  • 他社口座とXM口座での両建て
  • グループの口座間での両建て
  • 裁定取引の禁止
  • 正常な価格を反映していない取引の禁止

両建てとは、買いと売りのポジションを置く事をいいます。

XMでは、1つの口座での両建ては問題ありませんが、複数や、他社の口座を利用した場合、ペナルティーが課せられます。
ですが、言ってしまえば、通常の取引であれば何の問題も無いということ。

XMでスキャルピングする場合、注目すべきは違う場所にあります。

XMでスキャルピングするなら不利な理由を知っておくべき

XMでスキャルピングをする場合、不利といわれている大きな原因はスプレッドの差です。
同じ海外FXブローカーで比べるなら、XMでスキャルピングするより、他の海外FXブローカーの方がスプレッドが狭いのです。

スキャルピングOKとされる海外FXブローカーはスプレッドが狭く、利食える確率が飛躍的に上がります。

  • tradeview
  • axiory
  • titanfx

ただし、スプレッドだけで判断するのは早合点な部分でもあります。
肝心な時にスリッページしていては全く逆効果となってしまいます。

XMには少々スプレッドが広くても取引がしたい魅力があるのです。
おすすめの口座、通貨ペアを見ていきます。

XMのスキャルピングにおすすめの口座

XMでスキャルピングをするなら、口座選びが重要になってきます。
現在XMでは、3つの口座がありますが、スプレッドの狭さだけで見るなら、おすすめは「ゼロ口座です。

スタンダード口座の場合、USD/JPY の平均スプレッドが0.015、ゼロ口座の場合は0.01と差があります。

パッと見ただけでは0.005の差ですが、スキャルピングは数分の値動きで取引をするので、0.005といえど明らかな成果の差となって表れてくるのです。

XMでスキャルピングをするなら、ゼロ口座の開設を忘れずにしておくと良いでしょう。

XMのスキャルピングにおすすめの通貨ペア

スキャルピングをするなら、比較的な動きが緩やかでかつ活発な通貨ペアの方がよりチャンスにつながります。

FXで扱う通貨ペアのうち、おすすめしたい通貨ペアは「メジャー通貨」によるペアです。

  • メジャー通貨ペア(EUR/USDや、USD/JPYなど取引量も多い通貨ペア)
  • マイナー通貨ペア(CNH/JPYや、USD/TRYなど取引量の少ない通貨ペア)
  • エキゾチック通貨ペア(USD/BRLなど取引の扱いが少なく変動が激しい)

スキャルピングで利食いに徹するには、値動きが読みやすくニュースも手軽手に入り分析もしやすいという理由から、メジャー通貨をおすすめします。

XMのスキャルピング手法を活かそう

XMは約定率が高いため、スプレッドの幅が多少広くても利用する人が多い傾向にあります。
その理由として、スプレッドの幅に負けないくらいのメリットが多い事があげられます。
入金ボーナスやチャットサポートなど手厚いサービスが日本人の心を掴んでいます。

狭いスプレッドで利食い、広がったスプレッドでも確実な利益を確保できるXMのサービスを活かして思う存分スキャルピングを楽しんでください。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMのmt4とMT5の違いは?スマホや変更方法、振替資金について解説!

XMのmt4とMT5の違いは?

XMではmt4もMT5も利用することができますが、その違いについて詳しくお伝えしていきます。

XMのmt4vsMT5!違いを解説

「XMのmt4vsMT5」と題して、その違いを詳しくお伝えしていきましょう。

XMで利用できるmt4とMT5には、いくつか違いがあります。

 

その中でもmt4とMT5の大きな違いとしては、

  • MT5の方がスピード(動作性能)が早い
  • MT5の方が時間足が多い
  • mt4の方がインジケーターの種類が多い
  • mt4の方が自動売買の種類が多い

などの違いが挙げられます。

 

このように、XMで利用できるmt4やMT5の違いとしては、どちらの方が極端に良いということは現状でいえばありません。

つまり、mt4とMT5それぞれのメリットがあるといえます。

 

ですから、XMでmt4またはMT5のどちらかを利用すべきか悩んでいる場合は、ご自身が行なっている取引でよりメリットが大きいものの方を選ぶと良いでしょう。

XMのmt4とMT5両方の共通点

XMで利用できるmt4とMT5の違いは理解できましたが、逆に両方の共通点は何なのか、こちらについても具体的にお伝えしていきましょう。

XMで利用できるmt4とMT5両方の共通点としては、

  • mt4もMT5も両建てが可能である
  •  両方ともワンクリック注文が可能である
  • ストラテジーテスターができる
  • webtraderとの互換性がある

などの共通項があることが分かります。

 

ただし、MT5の方がアップデートに力を入れていることは明らかですし、今後もよりMT5の開発に力が入れられることは目に見えています。

また、公式サイトからはすでにmt4をダウンロードすることはできないようになっていることも、これから利用する人にとっては大きいですね。

 

しかし、XM以外の海外fx業者では、まだまだMT5を利用できるところが少なく、mt4が幅をきかせています。

そのため、XM以外でも取引を行う場合は、引き続きmt4を利用するのがよいでしょう。

XMtragdingにおけるmt4とMT5のスマホでの使いやすさ

XMtradingにおいて、mt4とMT5の違いや両方の共通点についてお伝えしてきました。

しかし、スマホでの使いやすさというのも、日常的に取引を行なっている人にとっては重要ではないでしょうか。

 

もちろん、XMtradingでは、mt4もMT5もスマホで利用することができます。

そんなXMtradingでのスマホにおける使いやすさは、mt4とMT5どちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

結論から言えば、MT5の方がスマホで使いやすくておすすめと言えます。

なぜなら、MT5であれば、MT5専用のスマホアプリのほか、XMtradingが独自に開発したアプリも利用できるからなんですね。

 

XMtradingの独自アプリは、マイページと連動していることから入金や出金、レバレッジの変更などをスマホから行うことが可能です。

XMでMT5からmt4へ変更する方法

XMにおけるmt4やMT5の違いを理解すると、「MT5からmt4へ変更したい」あるいは「mt4からMT5へ変更したい」といった思いが出てくるかもしれません。

XMで利用できるmt4やMT5には、ここまでお伝えしてきたようにそれぞれのメリットが存在します。

 

ですから、理解すればするほどそのような気持ちになるのは当たり前かもしれませんね。

そんな「MT5からmt4に変更する方法」または「mt4からMT5に変更する方法」についてですが、残念ながら「変更」というやり方はないのが現状です。

 

そのため、MT5からmt4に変更したい場合やmt4からMT5に変更したい場合は、面倒ですが追加で口座開設を行う必要があります。

追加の口座開設は、XMの会員ページから行うことが可能です。

XMのmt4とMT5の振替資金

XMでは口座間で資金を振替することが可能です。

ちなみに、XMでは最大で8つまで口座を開設することができますから、取引を有利に進めていくためには、口座間で資金を振替するのはぜひ取り入れていきたいアイディアといえるでしょう。

 

もちろん、XMのmt4で利用している口座からMT5で利用している口座へ資金を振替することも可能です。

そのため、先ほどお伝えしたようなMT5からmt4に変更したいができないから「口座を追加開設する」といった場合が生じても、デメリットは少ないといえますね。

 

そんなXMでの資金の振替方法は、とても簡単です。

具体的には、資金を振替したい口座とその入金額を入力して、リクエスト送信を行うだけなのです。

 

あとは、ちゃんと資金が振替されたかを確認するだけですので、ぜひ利用していきましょう。

カテゴリー
XMの知恵袋

XMでゼロカットされないのはなぜ?廃止された?タイミングや入金のコツを解説!

XMでゼロカットされない理由をご存知でしょうか?

XMのゼロカットされるタイミングや入金のコツも合わせて、その理由を詳しくお伝えしていきます。

XMのゼロカットシステムとは

XMのゼロカットシステムとは、XMの最大の魅力の一つ、ともいわれています。

しかし、XMのゼロカットシステムとは、そもそも何なのでしょうか?

 

XMのゼロカットシステムについて詳しく説明すると、まず口座の残高がマイナスの時にロスカットが行われることがありますよね。

しかし、ゼロカットシステムがあれば、この際に追加証拠金を支払う義務が発生しません。

 

つまり、XMのゼロカットシステムとは、海外FXで取引を行う人にとっては、画期的なシステムなのです。

ちなみに、XMで複数口座を持っている場合でも、XMのゼロカットシステムが適用されるのは残高がマイナスとなっている口座のみです。

 

しかし、そんなXMのゼロカットシステムが「廃止されたのでは」「ゼロカットされない」といった噂も聞きますよね。

その真実を確かめていきましょう。

XMのゼロカットシステムは廃止?ゼロカットされない理由は?

XMのゼロカットシステムが廃止されたのでは?という噂もありますが、実際のところは廃止されたわけではありません。

では、どうしてこのような噂が出るのでしょうか?

 

その理由としては、XMのゼロカットがされない、ということが挙げられます。

しかし、この「XMのゼロカットがされない」というのは正しい表現ではないのです。

 

なぜなら、XMでは実際にゼロカットを行った実績があるためです。

では、なぜ「XMのゼロカットがされない」といわれてしまうかというと、

  • XMのゼロカットされるタイミングに決まりがないこと
  • 口座の残高がマイナスでも、有効証拠金がプラスの場合はゼロカットされない

などが影響していると考えられます。

 

では、XMのゼロカットがされるのは、どういったタイミングなのでしょうか。

こちらについても詳しく見ていきましょう。

XMのゼロカットがされるタイミング

XMのゼロカットされるタイミングは、先ほどお伝えしたように特に決まりはなく、バラバラであることが多いものです。

しかし、XMのゼロカットされるタイミングの傾向をみると、

  • XMのゼロカットのタイミングは早い場合で即日対応
  • 遅い場合でも、三日以内にはゼロカットされる

このようなケースが多いといえます。

 

しかし、これはあくまでXMのゼロカットの傾向なので、タイミングとしてさらに遅い場合もあり得ます。

また、待っても待ってもゼロカットされない場合は、有効証拠金がプラスではないか?を確認してみましょう。

 

しかし、そのような例外を除けば、XMのゼロカットシステムはデメリットがないといえるのではないでしょうか。

ちなみに、XMのゼロカットシステムは、別口座では特に影響がないため、心配する必要はありません。

XMのゼロカットが行われる入金のコツ

XMのゼロカットがなかなかされない場合は、入金方法を工夫することでタイミングを早くすることが可能です。

そのため、口座残高がマイナスで有効証拠金がプラスではない場合は、ゼロカットのタイミングを早くする入金のコツを取り入れてみましょう。

 

XMのゼロカットのタイミングを早くする入金のコツとしては、ゼロカットをしてほしいタイミングで追加の入金を行うことです。

実に簡単な方法ではありますが、効果は抜群なので試してみましょう。

 

また、追加で入金する場合には、最低の入金額を確認してから実行するようにしましょう。

XMの入金についてさらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ>>>

XMの評判は?入金と出金のやり方や口座開設情報まとめ

XMのゼロカットシステムを活かす両建て

XMのゼロカットシステムでは、その特徴を活かした両建てを行うのもおすすめです。

一般的にはデメリットも多い両建てですが、XMでは同じ口座で両建てを行うことは事実上、認められています。

 

そのため、100%以下の維持率であってもXMでは両建てによって、追加のポジションをとることができるんですね。

特に、XMでは取引を維持しつつもポジションを変更したい場合に両建てが有効です。

 

しかし、XMでは口座を凍結される可能性もあるのが、この両建てです。

具体的に、XMで口座を凍結される可能性がある両建ての方法としては、

  • 複数口座で両建てを行う
  • 複数の業者で両建てを行う

このような両建てを行った場合、ペナルティとなることもあります。

 

しかし、それ以外の場合は、XMにおいて両建ては問題ありませんのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。