カテゴリー
XMの知恵袋

XMのボーナスのリセットはいつ?出金条件やボーナスだけで取引できるのか解説!

XMでは口座に入金すると、約5万円まで100%の金額をボーナスとしてもらえます。

その他にも20%ボーナスなど、トレーダーにとっては嬉しいシステムです。

さらに、ボーナスを使い切ったあとは、履歴がリセットされ新たにボーナスがもらえるようになるのです。

資産に潤いを与えてくれるボーナスのリセットのタイミング、出金条件などを把握し手堅い取引を心掛けましょう。

XMのボーナスについて

XMのボーナスには数種類存在します。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金額に応じた100%ボーナス
  • 入金額に応じた20%ボーナス
  • 入金額に応じた追加100%ボーナス
  • 1,000ドルまでの入金に応じた100%ボーナス

口座を開設した際にもらえる口座開設ボーナスは「3,000円程」で、こちらは一回しかもらえず、リセットはされません。
また、追加の100%ボーナスや、1,000ドルまでの入金額に応じたボーナスについては、期間限定です。

リセットされるのは、主に100%ボーナスの方。
ただし、いくつかの条件が重ならないと、リセットはされません。

XMのボーナスの出金条件

XMでは魅力的なボーナスがたくさん用意されていることでも有名ですが、それぞれのボーナスを受け取るためには出金条件をクリアしなければなりません

そんなXMのボーナスを出金するための条件とは、まず前提としてボーナスそのものを出金することはできないということです。

矛盾してしていますが、ボーナスはXMを利用して取引を楽しんでもらうためのサービスで、自己資金を投じる前に、XMでの取引を信頼してもらうために講じている策です。

XMでは、ボーナスを使って取引をしてもらいたいのが本音です。
そのため、XMのボーナスそのものは出金できませんが、ボーナスを利用して得た利益は出金できるのです。

ちなみに、口座開設ボーナスの出金には条件が存在します。

  • 5万通貨以上の取引を行うこと
  • 5往復以上の取引を行うこと

これらを満たすことが必要です。

XMのボーナスリセットはいつ?

入金額に応じてもらえる100%ボーナスは、約5万円程分を使い切ると終了します。
ですが、リセットされてまた新たにボーナスをもらえる場合もあります。

では、リセットされるのはいつなのか。

リセットのタイミングは、XMでも発表はしていません。
また、ボーナスは永遠ではありません。

XMでせっかくボーナスをもらえても、「気がついたら、いつの間にかボーナスが消滅していた…」ということも少なくありません。
なぜこのようなことが起こるのかというと、XMのボーナスは無条件ですべての金額が手に入る(正確には、ボーナスを使って取引ができる)わけではないからです。

具体的に、XMのボーナスがいつリセットされてしまうのかというと、それは「口座資金を出金したタイミング」になります。
これは、口座資金のうち、出金したパーセンテージと同じ割合だけボーナスが消滅することになります。

例えば、口座に20万あり、ボーナス分が10万円あったとします。
口座から10万円引き出した場合、ボーナスで貰っていた10万円も一緒に消滅し、口座内は0円ということになってしまします。

そして、さらに資金残高がマイナスになっても、XMのボーナスはリセットの対象となってしまうんです

XMのボーナス復活や移動方法

XMのボーナスは消滅したら惜しいので「ボーナスを復活させたい!」と思うのは当然です。
実際のタイミングは不明ですが、復活の場合、メールにお知らせが来ます。
口座が休眠状態ならば、ボーナス復活の可能性があるのでメールをチェックしてみましょう。

また、年に数回ですが、ボーナスのキャンペーンを期間限定で行っているので見逃さずに利用しましょう。

XMのボーナスはアカウントごとに付与される仕組みになっています。
XMのボーナスは同じアカウントであれば、別の口座に移動させることは可能です。

ボーナスを移動して使えるなら、手を出したことが無い取引も気軽にできます。
しかし、ボーナスのみを移動させることはできません。

「移動した資金と同じ割合のボーナスも移動させられる」という意味ですので、確認した上で利用しましょう。

XMのボーナスだけで取引は可能なのか

XMをボーナスだけで取引し続けることは可能です。
最初のうちはボーナスを使ってトレードをしている人がほとんどの上、そこで得た利益は出金さえできます。

XMポイントはボーナスに変更可能で、両方を併用して上手に取引出来るようになれば、実際の資金は少ないままでも利益を生み出せるのです。

ただし、XMのボーナスは受け取る期限が決められていますので、その点だけは注意が必要です