海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

1pipsの計算方法は?100pipsがいくらかや外貨ペアの場合も解説!

1pipsの計算方法をご存知でしょうか?

海外FXを行っていく上では、1pipsという単位の知識は欠かすことのできない存在です。

 

そんな1pipsの計算方法や100pipsでいくらか、また外貨ペアの計算方法などもご紹介していきます。

1pipsについて詳しく知れば、海外FXの取引もより高いレベルを目指すことができますよ。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1pipsとは

1pipsとは何なの?と、思われている方も中にはいらっしゃるでしょう。

そもそもの話ではありますが、pipsとはFXの取引を行う上で、取引をスムーズに行うために設けられたものです。

 

そこで、分かりやすいように「通貨の最小の単位」としてpipsを導入することになりました。

このような流れからpipsを導入したことによって、外貨ペアでもトレードがしやすくなっています。

 

そのほか、pipsを使うことで、利益の幅やスプレッドも理解しやすくなったといえるでしょう。

ちなみに、pipsとは「Percentage In Point」の略です。

100pipsでいくらか

1pipsは、外貨ペアなども含めた海外FXで、スムーズに取引を行う上での共通単位だということは分かりました。

しかし、実際のところ100pipsはいくらになるのでしょうか?

 

結論から言えば、100pipsは日本円で1円になります。

ちなみに、この100pipsがいくらか?ということからも、1pipsの必要性が理解できるのではないでしょうか。

 

というのも、現代の日本円では銭という単位は馴染みの薄い単位でもありますよね。

しかし、外貨ペアが混在する海外FXの取引においては、日本円では銭を頻繁に使われることになります。

 

そのためにも、分かりやすいようにpipsという単位を使うことで、随分と分かりやすくなっていることが分かりますね。

円が絡んだ場合の1pips

円が絡んだ1pipsは、規則性があるため理解しやすいといえます。

これは、1pipsが日本円で1銭、つまり0.01円と単位が決まっているからなんですね。

 

だからこそ、先ほどお伝えしたように100pipsで1円と簡単に変換することができるのです。

どのような場合にこの1pipsが活躍するのかというのかも、具体的にお伝えしていきましょう。

 

たとえば、ドル円の場合で110.00円から110.15円で決済をしたとします。

すると15pips分、すなわち、15銭の値動きがあったということが理解できますね。

 

円表記の場合は、0.15円分の値動きがあったと言い換えることも可能です。

このように、円が絡んだ1pipsの場合は、小数点以下から第二位までの値を見るようにしましょう。

外貨ペアの場合の1pips

外貨ペアにおける1pipsは、円が絡んだ場合に比べて少し分かりにくくなります。

やはり日本人にとっては、円が一番馴染みがあるため、仕方がないことではありますね。

 

そんな外貨ペアにおける1pipsは、0.0001通貨単位となっています。

たとえば、ユーロドルで1.2000円から1.2012円で決済をしたとします。

 

すると12pips分の値動きがあったということが理解できますね。

このように、外貨ペアが絡んだ1pipsの場合は、小数点以下第四位までの値を見るようにしましょう。

1pipsの計算方法

1pipsの計算方法としては、

  • 取引通貨量
  • 0.0001
  • 為替のレート

これらを掛け合わせることで、計算することができます。

 

この「取引通貨量」というのは、エントリー枚数とも言い換えることが可能です。

しかし、1pipsの計算が面倒だという方は、pipsの計算機を利用するのも一つの手です。

 

pipsの計算機の利用はこちらからどうぞ>>>

https://www.cashbackforex.com/

 

計算機を使えば、1pipsの計算も楽に行うことができるので、ぜひ利用してみてくださいね。