海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

axioryの評判は?入金と出金のやり方や口座開設情報まとめ

2013年から新設されたaxioryの評判が気になりますよね。

axioryの入金や出金の方法、さらには口座開設情報も合わせて、axioryの評判を確認していきましょう。

海外FXではめずらしいcTraderに対応しており、スキャルピングでも快適な取引が行えるため、設立から日が浅いにせよ信頼度はうなぎのぼりです。

 

Axiory (アキシオリー)の10項目評価

Axiory (アキシオリー)の運営会社はAxiory Global Ltdになります。

ベリーズに本社をかまえる海外FX業者ですが、2013年に市場参入ということでまだ日が浅いです。

金融ライセンスとしてはIFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)というベリーズにおける認可をきちんと受けている業者になります。

そんなAxiory (アキシオリー)ですが、10項目に分けて管理人が評価していきます。

信頼度   3.5
レバレッジの高さ(400倍)   4.0
ボーナスの充実さ   1.0
スプレッドの狭さ   5.0
約定力と透明性   5.0
入金・出金   4.5
取引プラットフォーム・独自施策   4.5
日本語サポート 5.0
資金保全体制 5.0
取引銘柄(64種類) 4.0
総合評価 4.5

※表は左右にスライドできます

 

Axiory (アキシオリー)の入金

axioryの入金方法は、大きく分けて5種類あります。

具体的には、

  1. 国内銀行送金による入金
  2. 海外銀行送金による入金
  3. クレジットカードを利用した入金
  4. STICPAY(スティックペイ)を利用した入金
  5. ビットコインを利用した入金

axioryには、このような入金方法が用意されています。

 

手数料は基本的に無料で海外銀行送金による入金は3営業日~10営業日程度と少し長めです。

国内の銀行送金だと即時ではないにしろ1営業日以内の反映と早い方です。

なお、最低入金額は20,000円以上からと少し高めの設定で、20,000円以下の入金も可能ではありますが、別途一律1,500円(15ドル、15ユーロ)の入金手数料がかかります。

その他各入金方法の特徴は次の通りです。

基本通貨 最低入金額※ 手数料※ 反映までの時間
国内銀行送金 JPY 20,000円 振込手数料 1営業日
海外銀行送金 全ての通貨 200USD / 20,000円 振込手数料 3~10営業日
クレジット決済(Visa, JCB) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 即時
bitpay(ビットコイン) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 確認後15分以内
NETELLER (ネッテラー) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 即時
Skrill (スクリル) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 即時
STICPAY 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 即時

※表は左右にスライドできます

ちなみに、国内銀行送金による入金の場合は、日本の金融庁の認可を受けている送金サービスでもあるオンライン決済サービスの「Curfex」に登録するのがおすすめです。

 

Axiory (アキシオリー)の出金

axioryの出金方法は、マネーロンダリング防止の観点から、入金方法と出金方法を合わせなければいけません。

しかし、その場合は、入金金額分までであれば問題ありません。

また最低出金額は入金と同じく20,000円以上からと少し高めの設定で、20,000円以下の出金も可能ではありますが、別途一律1,500円(15ドル、15ユーロ)の出金手数料がかかります。

その他各出金方法の特徴は次の通りです。

基本通貨 最低出金額 手数料※ 着金までの日数
国内銀行送金 JPY 20,000円 無料 1営業日以内
海外銀行送金 全ての通貨 200USD / 20,000円 銀行による 3~5営業日
クレジット決済(Visa, JCB) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 3~5営業日
bitpay(ビットコイン) 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 1~3日営業日
STICPAY 全ての通貨 200USD / 20,000円 無料 即時

※表は左右にスライドできます

 

Axiory (アキシオリー)のボーナスと口座開設

Axiory (アキシオリー)では、基本ボーナスが設定されていません。

正直なところ、入金額や出金額が高めであることや、ボーナスがないことがaxioryのデメリットともいえます。

しかし、その分axioryはハイレバレッジと高水準のスプレッドが実現されていますので、どこを優先するかという問題になりますね。

ごく稀に新規口座開設ボーナスやお年玉ボーナスなど期間限定でのボーナスはあるようですが、金額もそこまで大きくなく、ボーナスを期待して開設するような業者ではないことは確かです。

 

そんなaxioryの口座開設の手順は、以下の通りです。

  1. axioryの口座開設規約に同意する
  2. 住所や電話番号、国籍などの個人情報を登録する
  3. 取引口座を選択する
  4. 秘密の質問を設定する

などの手順をふむことで、axioryの口座開設手続きは完了です。

その後、axioryからマイページにログインする際の情報がメールで届きます。

これはログイン時に必須なので、紛失しないように管理しましょう。

 

AxioryのMT4とctrader

axioryの取引プラットフォームは、いくつか選択できますが、自動売買を行いたい人にはMT4がおすすめです。

axioryはctraderとの相性も良いのでおすすめですが、MT4との互換性は弱いのがネックです。

そのため、axioryではMT4を取引プラットフォームとして選択する方が無難で扱いやすいといえます。

しかし、スキャルピングトレードをメインで行っている方・トレードに慣れている方、ぜひctraderも使ってみていただきたい取引プラットフォームですね。

関連記事

ctraderの使い方は難しい、と感じていないでしょうか? 2011年に登場したctraderの使い方について、詳しいマニュアルをご紹介していきます。 ctraderの使い方マニュアル ctraderの使い方マニュアルとして、ここ[…]

 

Axiory のレバレッジ・スプレッド

axioryのレバレッジ

axioryのレバレッジは最大400倍と、ハイレバレッジであることも特徴です。

また、追証なしのゼロカットシステムを採用しているのと同時に、ロスカット水準20%と低めに設定されていることも嬉しいですね。

そのため、axioryでは少ない資金で大きな利益を狙うことも可能といえます。

 

axioryのスプレッド

axioryは変動スプレッド制を採用しています。

またスタンダード口座とナノスプレッド口座が用意されており、それぞれMT4とcTraderという取引プラットフォームが用意されています。

そしてNDD方式(インターバンク直結型)のため、透明性がある取引ができます。

ただし、スタンダード口座ではNDD方式でもSTP方式(ブローカーがいったん注文をのむ)を採用、ナノスプレッド口座ではNDD方式でもECN方式(注文が自動的にマッチングされる)が採用され、そのためスプレッドと手数料に差がでています。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
最小ロット 0.01lot(1000通貨) 0.01lot(1000通貨)
最低預託金 200USD / 20,000円 200USD / 20,000円
レバレッジ 400倍 400倍
手数料 無料 往復1lotにつき6ドル

※表は左右にスライドできます

どちらの口座もスプレッドは狭くて高水準であるといえますが、特におすすめなのがナノスプレッド口座です。

手数料なども含めたコストを考えてもスプレッドと約定力で比較したときにスタンダード口座より優位性があると考えるからです。

なお変動スプレッドのため平均値を記載しておきます。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
USD/JPY 1.3pips 0.3pips
EUR/JPY 1.5pips 0.2pips
GBP/JPY 2pips 0.9pips
AUD/JPY 1.9pips 0.9pips
EUR/USD 1.2pips 0.2pips
GBP/USD 1.6pips 0.4pips
AUD/USD 1.7pips 0.4pips

※表は左右にスライドできます

 

まとめ

設立された日が浅いFX業者なのですが、世界最大級のFX業者格付けサイトのFPAでは他の業者を差し置いて星4つを取得しています。

日本では有名なXMでも星3つなので、企業努力が素晴らしいということでしょう。

ボーナスはないため、AXIORYで口座を作るとなると、スキャルピングやデイトレードでバリバリトレードをされている方との相性は良いはずです。

取引プラットフォームはcTraderのナノスプレッド口座がおすすめです。

ナノスプレッド口座では手数料が発生しますが、取引量が増えるにつれて結果的にスタンダード口座より優位性が出ると考えます。

どうしてもMT4に慣れていてMT4のナノスプレッド口座をということも考えるかもしれませんが、STP方式を想定して作られたMT4だと板情報が見れないため、AXIORYの場合はcTraderのナノスプレッド口座一択とも言えます。

積極的なトレードを重ねて利益を上げるのであればAxiory (アキシオリー)は選択肢として外せない存在です。