海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

海外fxの詐欺業者は?出金できないなどのトラブルは詐欺?見分け方を解説!

海外fxの詐欺業者は?

海外fxの詐欺案件や見分け方も合わせてお伝えしていきます。

海外fxの詐欺案件

海外fxの詐欺案件としてはさまざまなものがあるといわれています。

実際に、海外fxの詐欺案件の一覧を確認してみると、

  • 海外fx業者で、出金できない出金拒否にあった
  • 使いものにならないEA(自動売買システム)を買わされた
  • 海外fx業者と連絡が取れなくなった
  • 海外fx業者から返金してもらえない

などの案件が確認できました。

 

とくに、海外fxにおける詐欺については、「出金できない」といった内容のものが多く見受けられます。

海外fxの詐欺案件においては、被害者の会なども設けられていることを考えると、その被害は甚大であるといえますね。

 

海外fxでは、xmやtitanfxなど有名な海外fx業者もありますが、その実態はどうなのでしょうか?

その実態について、さらに詳しくみていきましょう。

海外fxの出金トラブルも詐欺なのか

海外fxでは先ほどもお伝えしたように、出金拒否などによって出金できないという、いわゆる「出金拒否」による詐欺被害が多いといわれています。

しかしそれは、出金条件をあらかじめ理解していなかったり、決められた禁止事項などのルールを守れていないなどの行為が影響して、出金拒否をされてしまっている可能性もあるといえます。

 

具体的には、xmなどの海外fx業者では実際に「出金できない」といった出金トラブルが起こったこともありますが、実際にこれは禁止事項に抵触していたことが理由だったのです。

もちろん、厳しすぎる出金条件などが設定されている海外fx業者については、詐欺業者である可能性もあるので、やはりあらかじめ確認することが大切です。

海外fxのtitanfxも詐欺業者?

 

海外fxのすべての出金できない理由が詐欺によるものとは限らず、取引している人自身のミスによるものであることも多い、というのは海外fx業者の詐欺を考える上では前提となります。

つまり、海外fxの詐欺の実態としては、すべての出金トラブルがイコールで海外fxの詐欺として結ばれるものではない、ということですね。

 

そんな中で、たとえば海外fx業者であるtitanfxはどうなのでしょうか?

titanfxは海外fxでありながら、利用者のほとんどは日本人であるといわれています。

 

そう聞くと、なんだか怪しい気がしてしまいますよね。

しかし、実在している住所であったり、運営会社の信頼性などを確認すれば、titanfxは詐欺業者ではないことが分かります。

海外fxのbigbossやfbsも詐欺業者?

では、海外fxのbigbossやfbsは詐欺業者といえるのでしょうか?

海外fx業者としては、bigbossもfbsもそれなりに名の知れた業者ということができるでしょうが、やはり国内fxの業者などに比べると情報が少ない部分は否めません。

 

そんな中で、海外fxのbigbossについては、金融ライセンスを取得していないため、信頼度としては少々疑問が残ります。

過去に持っていた金融ライセンスを抹消されたこともあるため、出金できないなどのトラブルがある可能性もあります。

 

また、fbsに関しては、メジャーではありませんがライセンスを保持しています。

そのため、bigbossなどに比べるとある程度の信頼性は見込めるでしょう。

海外fxの詐欺手口の見分け方

海外fx業者の詐欺に引っかからないためには、その手口や見分け方を知っておくことが大切です。

たとえば、口座開設をしたい海外fxが詐欺業者であるかどうかを見分けたい場合には先にご紹介したように、

  • 運営会社が実在する住所にあること
  • 金融ライセンスを取得していること

などを確認することで、海外fx業者の信頼性を確認することができます。

 

また、実際に多くの人が利用している、というのも詐欺の噂が本当であれば実現しないことですから参考になるでしょう。

ただし、ツイッターなどで「出金拒否された!詐欺業者だ!」といった口コミを鵜呑みにするのはあまりよくないでしょう。

 

なぜなら、その人が出金条件を満たさずに出金拒否をされてしまった場合もあるからですね。

まずはその業者が信頼できるかどうかを確認してから取引をすることで、詐欺に引っかからないようにしていきましょう。