海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

海外fxの税金対策や抜け道は?タイミングや計算シミュレーションも!

海外fxの税金対策は万全でしょうか?

海外fxで取引をしていると、気になるのが税金ですよね。

 

そこで、海外fxの具体的な税金対策方法や、抜け道があるのかどうかについてお伝えしていきます。

また、海外fxの税金を支払うタイミングや計算シミュレーションについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

海外fxと国内fxの税金の違い

海外fxの税金について、まずはじめに分かりやすいように国内fxの税金の違いからご説明していきましょう。

海外fxの税金と国内fxの税金を比較したときには、大きな違いとして現れるのは、その税率です。

 

具体的には、国内fxの税率は一律で20.315%となっています。

しかし、海外fxの場合は、税率が累進課税となっているため注意が必要です。

 

そのほか、国内fxでは三年間の損益繰越が可能ですが、海外fxではそれは認められていません。

そのため、国内fxの税金に慣れている方で海外fxの税金を心配している方は、これらの点に注意しましょう。

海外fxの税金対策

海外fxの税金対策としておすすめなのは、必要経費をうまく利用することです。

それによって、課税所得額を低くすることができるため、結果的に海外fxの税金対策につながります。

 

たとえば、海外fxの必要経費として挙げられるものは、

  • 海外fxの勉強のための費用(書籍やセミナーの参加費用など)
  • 海外fxの取引に必要なものを揃える費用(パソコンやインターネット接続費用など)

そのほか、家賃や光熱費なども計上することが可能です。

 

また、海外fxの税金対策としては、利益を確定せずにポジションを保持したままの状態にすることも一つといえます。

言い換えれば、利益が出る時期をずらすことで、含み益として納税対象のお金にならないようにすることが可能です。

 

そうすることによって、次回以降の納税分に持ち越せば、たとえ損が多くなったとしても影響を薄めることができます。

また、納税額もその分抑えることができるでしょう。

 

しかし、ポジションを保持している間は、損をしてしまうこともあるため、その点だけは注意が必要です。

海外fxの税金の抜け道

海外fxの税金のいわゆる抜け道というのは、存在しません。

もし、海外fxの税金を脱税する方法を探しているのなら、それは全く無意味なのでやめておきましょう。

 

海外fxの脱税による罰則はとても厳しく設定されているため、脱税のリスクを考えれば、きちんと納税した方が絶対に楽です。

海外fxで稼いだ分は、確実に納税するようにしましょう。

海外fxの税金が発生するタイミング

海外fxの税金が発生するタイミングは、利益が確定したタイミングです。

つまり、保持しているポジションの決済を行えば、すぐに納税の義務が発生します。

 

しかし、海外fxの税金を納めるのは、海外fxで取引をしている人全員が対象ということではありません。

具体的にいえば、

  • 所得のある人で、年間に20万円以上の海外fxの利益が出ている人
  • 所得がない人で、年間に38万円以上の海外fxの利益が出ている人

これらの人が、海外fxの税金を支払う必要があります。

海外fxの税金の計算シミュレーション

海外fxの税金について、実際に計算シミュレーションを行う方法もお伝えしていきましょう。

海外fxの税金を収める金額というのは、「課税所得額」に税率をかけたものから控除額を差し引いたものになります。

 

加えて、この金額に「復興特別所得税」を加えたものが、実際に海外fxの税金として収める金額です。

イメージがつきにくいものとしては、「課税所得額」がありますが、これは個人の所得から必要経費を差し引いたものになります。

 

また、「復興特別所得税」というのもあまり馴染みがないものではないでしょうか。

こちらは、課税所得額に税率をかけたものから控除額を差し引いた金額に、2.1%をかけた金額になります。

 

個人の所得額や必要経費が分かっていれば、海外fxの税金を計算することが可能なので、ぜひシミュレーションしてみてくださいね。

>厳選!最新海外FX業者10選

厳選!最新海外FX業者10選

海外FXでのトレード歴11年の管理人の大吉が目的別で業者を厳選しました!口座開設の達人というだけあっていろんな視点でレビューしていますので海外FX業者の口座選びの参考にしてみてください!

CTR IMG