海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

hotforexのボーナスは使えないから意味ない?出金条件などを詳しく解説!

hotforexのボーナスは意味ない?

その実態を出金条件なども合わせて詳しくお伝えしていきます。

hotforexのボーナスは使えないから意味ない?

hotforexのボーナスは使えないことが多いから意味ない…と嘆く人が多いと噂になっています。

果たして、これは本当なのでしょうか?

 

そもそも、なぜ「hotforexのボーナスは使えないことが多いから意味ない」などと言われるのか不思議ですよね。

そう感じてしまう理由としては、hotforexといえば、もともとはボーナスが豪華なことで有名です。

 

しかし、いくら豪華なボーナスが目玉の特典として付けられていたとしても、実際に使えないのなら、たしかに意味がないですよね…。

ですが、なぜhotforexに対してこんな噂が出ているのかというと、実はボーナスが簡単に消滅してしまうことがあるからなんですよね。

 

そんなhotforexのボーナスについて、もう少し詳しくみていきましょう。

hotforexのボーナスの種類

hotforexでは、先ほどもお伝えしたようにボーナスの豪華さで一躍人気を浴びた海外fx業者なんですね。

そんなhotforexのボーナスの種類としては、

  • 100%スーパーチャージボーナス(入金ボーナスと取引ごとのキャッシュバック・リベートを合わせたもので、hotforexのなかで一番豪華なボーナス)
  • 100%クレジットボーナス(一定の入金があるたびにボーナスが受けられる)
  • 30%レスキューボーナス(入金ボーナスとロスカット後のボーナスを合わせたもの)

などが、hotforexでメインとなるボーナスです。

 

それぞれのボーナスには口座開設時に利用できるなど、もちろん特色がありますし、利用できるルールも異なります。

つまり、それらを理解していないと、結局のところ「hotforexのボーナスは使えないことが多いから意味ない」となってしまうわけですね。

hotforexのボーナスの出金条件

hotforexのボーナスを受け取るためには、その出金条件をしっかり理解しておくことが大切です。

そうしなければ、せっかくのhotforexの豪華なボーナスが反映されない、といった事態にもなりかねません。

 

そんなhotforexのボーナスの出金条件は、ボーナスの種類によって変わります。

具体的には、先ほどご紹介した「100%クレジットボーナス」の場合は、獲得したボーナスの金額を2ロットで割った金額が、スタンダードのロットの取引を上回ることが出金条件となっています。

 

これは、なかなか厳しめの出金条件であると言わざるを得ませんが、それでもボーナス自体を出金できるというのは、なかなか無いメリットといえるのではないでしょうか。

hotforexの「100%スーパーチャージボーナス」

hotforexのボーナスの中でも、「100%スーパーチャージボーナス」はお得なボーナスです。

そんな「100%スーパーチャージボーナス」の特徴としては、

  • 100%入金ボーナスが50,000ドルまでもらうことができる(入金自体は250ドル以上を必要とする)
  • 取引で利益が出たものに対しては、8,000ドルまでキャッシュバック(リベート)がもらえる

などが具体的には挙げられるんですね。

 

そんなhotforexの「100%スーパーチャージボーナス」ですが、注意しておきたい条件もあります。

その例としては、証拠金維持率が20%以下となってロスカットされるはずが、相場がいきなり変わることで口座の残高がゼロ、またはマイナスとなることがあります。

 

この場合、入金ボーナスがすべて消滅してしまうことになるので、注意が必要ですよ。

hotforexのボーナスまとめ

hotforexでは、そのボーナスを利用するための条件を満たさなければ、容赦なくボーナスをカットされてしまうので注意が必要です。

しかし、その条件さえクリアしておけば、hotforexのボーナスは非常に魅力的といえるため、これを利用しない手はありませんね。

 

ここまでご紹介してきた「100%スーパーチャージボーナス」「100%クレジットボーナス」「30%クレジットボーナス」はとてもお得なので、hotforexを利用するならぜひ活用したいものです。

また、hotforexの場合は、ボーナス以外にも魅力があり、その最たるものはスプレッドの狭さです。

 

hotforexのスプレッドの狭さは世界トップクラスともいえますので、豪華なボーナスを利用しながら、ぜひ大きな利益を獲得していきたいですね。