海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

MT4の回線不通やフリーズが治らない原因は?ログインできない時の対処法!

MT4が回線不通になったり、フリーズが治らない場合はあせってしまいますよね。

そのような事態が起こる原因やログインできない時の対処法についてお伝えしていきましょう。

MT4の回線不通やフリーズが治らない主な原因

MT4の回線不通やフリーズが治らない原因は、いくつか考えられます。

その中でも特に多い、回線不通やフリーズが治らない原因としては、ログイン情報が誤っていることが挙げられます。

 

間違っている情報を入力していては、MT4が回線不通になったまま、フリーズしたかのように見えてしまいますよね。

そのため、根本的なことではあるのですが、半角スペースを全角で打っていたり、入力ミスをしていないか今一度確認が必要です。

 

また、MT4が回線不通のまま治らない原因としては、口座の有効化が済んでいないことも考えられます。

そのほか、扱っている海外FXブローカーによって、MT4が回線不通となる原因もあります。

 

次に、それらの原因について詳しく見てきましょう。

xmtradingでMT4が回線不通・ログインできない原因

xmtradingでMT4が回線不通、またはログインできない原因としては、デモ口座の有効期限が切れてしまっていることがまず考えられます。

xmtradingの場合、デモ口座の有効期限は約4ヶ月間となっています。

 

つまり、この期間を過ぎてしまうと、MT4が回線不通となってログインすることができない状態になります。

この場合は少し手間ですが、xmtradingのデモ口座を開設し直すようにしましょう。

 

そのほか、xmtradingでは口座の凍結や休眠によって、MT4へログインできない・回線不通となることもあります。

2ヶ月以上取引していない場合は、これが原因と考えて良いでしょう。

gemforexでMT4が回線不通・ログインできない原因

gemforexでMT4が回線不通・ログインできない状態になる場合、まず以下の原因を疑ってみましょう。

  • MT4が古いバージョンのままになっていないか
  • MT5でログインしようとしていないか
  • サーバーやネット環境が不安定でないか

これらについて、今一度確認してみることです。

 

これらの原因は根本的なことのように感じられるかもしれません。

しかし、gemforexでMT4が回線不通となる、もしくはログインできない場合に多い原因なのです。

 

そのため、はじめにこれらの原因を疑ってみるのがおすすめです。

なお、gemforexについて、さらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ>>>

gemforexの評判は?入金、出金のやり方やボーナスとミラートレードを解説!

MT4でコモンエラーとスマホに出た場合の対処法

MT4ではスマホなどで確認した場合に、「コモンエラー」と表示されることもあります。

では、このスマホに表示された「コモンエラー」とは一体何なのかというと先にお伝えしてきたような、

  • MT4が回線不通である
  • MT4にログインできない

といった状況と同じであるといえます。

 

そのため、スマホに「コモンエラー 」と表示される原因も同様の場合が考えられますが、中でも注意したいのがデモ口座の有効期限切れです。

実際に、スマホでデモ口座を確認される方も多いですよね。

 

そのため、このようにスマホで「コモンエラー 」と表示されるのは比較的多い現象ともいえます。

MT4にログインできない・回線不通となってしまう場合は、再度デモ口座を開設し直すようにしましょう。

MT4の回線不通やフリーズが治らない場合の対処法

MT4で回線不通となったり、フリーズが治らない原因としては、ここまで説明してきたようなものが考えられます。

では、このような場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

 

たとえば、MT4のバージョンが古い場合は、最新のバージョンをダウンロードするようにしましょう。

具体的にMT4のバージョンが古いものを挙げると、

  • パソコンの場合は、1118以前のバージョン
  • スマホの場合は、1104以前のバージョン

これらのMT4を利用している場合、回線不通と表示されたり、フリーズが治らない原因となります。

 

また、こちらも根本的な問題ではあるのですが、土日などで取引が行われていない場合も、MT4が回線不通となることがあります。

そのため、土日を避けた状態で、MT4のフリーズが治らないか確認してみましょう。