海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

XMのアプリの使い方(mt4/mt5)や見方を解説!iphoneのログイン方法も!

XMアプリの使い方や見方をご存知でしょうか?

慣れていないとややこしいと感じてしまうXMアプリの詳しい使い方についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

XMのアプリの使い方(mt4/mt5)

XMで利用できるアプリには、mt4専用のアプリやmt5専用のアプリがあります。

また、そのほかにもXMで独自開発されたアプリも存在します。

 

ただし、XMで独自開発されたアプリは、mt4からは利用することができず、そのためXMで独自開発されたアプリの使い方としては、mt5を利用していることが前提となります。

そんなXMで利用できるアプリの特徴としては、mt4・mt5アプリの場合、

  • どのfx業者の場合でも取引可能
  • チャート、インジケーター、オブジェクトを確認できる

といった特徴があります。

 

また、XMの独自アプリの場合は、使えるのはXMのみですが、口座管理や入出金をアプリから行うことが可能です。

詳しい使い方について、さらに解説していきましょう。

XMアプリの見方

XMのアプリでは、インジケーターから分析をすることが可能です。

特に、ローソク足ともいわれる移動平均線は、現在のトレンドを知るために欠かすことができません。

 

そんなXMアプリにおける移動平均線・インジケーターの表示方法は、

  1. XMのアプリでチャート画面を表示させる
  2. 画面の上側にある「f」を選ぶ
  3. インジケーターの画面より、「メインウインドウ」を選択する
  4. 「Moving Average」を選択し、期間を選ぶ
  5. 「完了」を押す

このような流れで行います。

 

移動平均線の数値としては、5〜200で設定されることが多いのですが、状況に応じて変更していきましょう。

また、移動平均線の見方としては、特定の期間における為替の終値のアベレージを確認するようにし、トレンドをつかんでいくのがおすすめです。

XMアプリでログインできない場合の対処法

XMのアプリを利用していると、iPhoneなどでまれに「ログインできない」という状況に遭遇します。

しかし、そのXMアプリにログインできない原因としては、いくつか想定されるものがありますので、あらかじめ知っておくと対処に困ることはないでしょう。

 

具体的に、XMのアプリにiPhoneなどでログインできない場合の原因としては、

  • IDまたはパスワードに入力ミスがある
  • アプリにアップロードがあった

などが考えられます。

 

これらの対処法としては、IDやパスワードに入力ミスがないように慎重に入力することはもちろん、一番はじめに確認するようにしましょう。

そして、入力ミスがないようならば、一度アプリではなくウェブページからマイページにログインできないか試してみるのがおすすめです。

 

それによって、アプリ自体に問題があるのかどうかを確認することができるためです。

そのほか、アップデートもされていないようならば、XMのサポートセンターに直接確認してみるのがおすすめです。

XMアプリの一括決済

XMのアプリでは、スマホからの一括決済はできません。

これは、mt4やmt5どちらに関しても、同様に一括決済は行うことができないのがXMアプリの現状といえます。

 

そのため、スマホのXMアプリで決済を行う場合は、一括ではなく、一つ一つの決済を手動で行っていく必要があります。

ですから、実質的にはスマホでXMアプリを使って決済するのはなかなか厳しい作業といえますね。

 

なお、pcの場合はツールなどの使用状況にもよるものの、スマホと違って一括決済をすることはもちろん可能です。

ここまで確認すると、スマホのXMアプリからは一括決済ができないなら、あまり使えないかも…と思われる方も多いかもしれませんね。

 

しかし、スマホで使えるXMアプリは、先にお伝えしたように出先であってもさまざまな確認を行えるのが魅力といえます。

そのため、スマホとpcの機能を使い分けて、取引に活用していくべきといえるでしょう。

XMアプリの指値注文

XMアプリでは指値注文ができない、といった声もしばしば聞きます。

しかし、これはXMアプリでは明確に「指値注文」と書かれていないために、こういった混乱を生じさせてしまっているのです。

 

つまり、XMアプリでは指値注文を別の言葉で言い換えされているということなんですね。

具体的には、指値注文は「Buy Limit」という言葉で表現されています。

 

ちなみに、逆指値注文については「Buy Stop」と表現されています。

これは知っていないとさすがに気づくことはできませんし、指値注文できないと思っても仕方がないのかもしれませんね。

 

チャートなどを確認しながら、XMアプリでも指値注文「Buy Limit」を使っていきましょう。

>厳選!最新海外FX業者10選

厳選!最新海外FX業者10選

海外FXでのトレード歴11年の管理人の大吉が目的別で業者を厳選しました!口座開設の達人というだけあっていろんな視点でレビューしていますので海外FX業者の口座選びの参考にしてみてください!

CTR IMG