海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

XMは両建て禁止?バレるとどうなる?証拠金や維持率、自動売買も解説!

XMは両建て禁止?

その実態について、詳しくお伝えしていきます。

XMは両建て禁止?バレると突然口座凍結?

XMでは両建てが禁止なのでしょうか?

XMでの両建てがバレると突然口座凍結された…なんて話も聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

XMでの両建てについて、結論からお伝えすると、「XMでは両建てしてもOK」というのが実態です。

では、なぜXMでの両建てが「バレる」だとか「XMで両建てをして突然口座凍結された」といった話が出回っているのでしょうか?

 

それは、XMにおける両建てで禁止されているルールを破ってしまったためなんですね。

具体的なXMの両建てをする際に禁止されているルールについては、追って詳しくお伝えしますが、この禁止されているルールを破ったことがバレると、突然口座凍結されることもありうるのです。

 

では、XMでの具体的な両建てのやり方について、まずは確認してみましょう。

XMでの両建てのやり方

XMでの両建てのやり方としては、証拠金の維持率に留意することが大切になってきます。

というのも、XMで両建てを行うと、証拠金がかからなくなります。

 

そのため、それ以上損失が増えずに、逆に新規でポジションを保有すれば損失分を挽回できるチャンスが生まれるわけですね。

そして、損失分を挽回できる状態で両建ての決済をすればOKです。

 

そのほか、XMでは指標が発表される際の両建ては禁止されておらず、両建てを行うことができます。

ですから、指標が発表されたあと、含み損のポジションを損切りすることが可能なんですね。

 

XMの両建てでは、このように証拠金の維持率や指標に注目したやり方がおすすめです。

両建てのメリットを活かして、損を小さく利益を大きくしていきましょう。

XMの両建てを複数口座で行うのは禁止

XMの両建てでは証拠金が相殺されるために維持率をチェックしておくことのほかにも、注意しておきたいことがあります。

それは、XMで両建てを行う際にもっとも重要だともいえる、禁止事項のルールです。

 

具体的には、XMでは複数口座を持つことができますが、実際は複数口座で両建てを行うことは禁止されています。

これは、名義が同じであっても複数口座間で両建てを行うことはできません。

 

また、XM内の複数口座以外でも、他の海外fx業者も含めた口座間でも両建てを行うことも禁止事項となっています。

そのほか、複数の人がグループを組んで両建てを行うことも禁止事項にあたります。

 

これらは「どうせバレないだろう」と思っていても、XMの方できちんと監視されているため、絶対に行わないようにしましょう。

XMの両建てと自動売買

XMでは、複数口座でEA(自動売買)を行うこともありますよね。

しかし、そのような場合に注意が必要なのが、両建てをしようと思っていなくとも複数口座で両建てをしてしまう場合がある、ということです。

 

もちろん、意図的ではなかったとしても、XMの複数口座にて両建てを行えば、禁止事項に抵触してしまうことになります。

そのため、XMの複数口座でEA(自動売買)を行う場合は、通貨ペアなどを意識しながら、禁止されている両建てをしてしまわないよう注意しましょう。

 

そのほか、XMでは両建てを行うことでロイヤリティポイントを獲得することもできます。

しかし、このロイヤリティポイントを獲得する目的のためだけに両建てを行う行為も禁止とされています。

 

XMでの両建ての禁止事項を知らないがために、突然口座凍結された…ということがないよう注意したいものですね。

XMの両建ての解除とキャッシュバック

XMの両建て解除とは、XMにおける両建ての買い(ロング)と売り(ショート)のポジションを同時決済してしまうことです。

なぜ、両建ての解除を行うのかというと、それによって、買い(ロング)または売り(ショート)のどちらかのポジションを切り詰めることが可能だからなんですね。

 

具体的には、両建ての解除には、

  • 通貨ペアを指定
  • 対象玉を指定

この二つの方法があります。

 

なお、この両建て解除によって同時決済を行なった場合の、キャッシュバックは発生しませんので覚えておきましょう。

また、これは当たり前ともいえるのですが、XMにおける両建ての禁止事項に抵触した場合は、キャッシュバックが発生しないことがあります。

 

これらに注意して、XMで安全に両建てを行うようにしましょう。