海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

XMはスキャルピング禁止?手法や通貨ペア、スプレッドや手数料などを解説!

XMはスキャルピング禁止?

その疑問について、詳しく解説していきます!

XMはスキャルピング禁止なのか

XMはスキャルピングが禁止なのでしょうか?

これについて結論からお伝えすると、「XMはスキャルピングを禁止していない」というのが答えになります。

 

そのため、XMでスキャルピングを行なっても、口座を凍結されるようなこともなくノーリスクといえます。

ただし、XMでスキャルピングを行う際のルールや禁止事項は存在します。

 

そのため、XMで設定されているスキャルピングの禁止事項は守らなくてはいけません。

ですが、悪意のある取引を主に扱っている禁止事項さえ触れないようにしておけば、XMでのスキャルピングは問題ないのです。

 

一方で、率直にいえば、XMでのスキャルピングは難しい・向かないというのが一般的です。

その理由について、XMでのスキャルピング手法とともに具体的にお伝えしていきましょう。

XMでスキャルピングするなら不利な理由を知っておくべき

海外fxのXMでスキャルピングをするなら、なぜXMでのスキャルピングは不利といわれるのか、その理由を知っておく必要があります。

XMでのスキャルピングがなぜ不利といわれるのか、その理由は言ってしまえば、ほかの海外fx業者の方がスキャルピングに適しているといえるためです。

 

つまり、海外fxでスキャルピングをするなら、XMである必要はない、とも言い換えられるでしょう。

そのため、XMでのスキャルピングは不利といわれているんですね。

 

たとえば、海外fxでスキャルピングをするなら、

  • tradeview
  • axiory
  • titanfx

などの方がスプレッドが狭いのでおすすめといえます。

 

しかし、たとえ不利であってもXMでスキャルピングをするなら、おすすめの口座がありますのでご紹介していきましょう。

XMのスキャルピングにおすすめの口座

海外fxでスキャルピングをするなら、スプレッドの幅が重要になります。

しかし、XMの場合は、どうしてもほかの海外fx業者に比べるとスプレッドが広いのがネックといえるでしょう。

 

そのため、XMでのスキャルピングは不利・向かない・難しいといった評判が一般的なのですね。

ですが、そんなXMでスキャルピングをするなら、スタンダード口座やマイクロ口座よりも、断然ゼロ口座がおすすめといえます。

 

その理由は、XMのスタンダード口座やマイクロ口座よりも、スプレッドの面でゼロ口座の方が狭く、優れていると判断できるためです。

もちろん、XMのゼロ口座よりもスプレッドが狭い、スキャルピングに向く海外fx業者があるのは先にお伝えした通りです。

 

しかし、XMでいえば間違いなくゼロ口座がスキャルピングにおすすめといえるでしょう。

XMのスキャルピングにおすすめの通貨ペア

XMでスキャルピングを行う際に重要視したいスプレッドですが、扱う通貨ペアによっても、スプレッドの幅が変わるため意識したいところです。

基本的な通貨ペアとしては、

  • メジャー通貨ペア(EUR/USDや、USD/JPYなど)
  • マイナー通貨ペア(ペアにUSDが含まれていない)
  • エキゾチック通貨ペア(取引の扱いが少ない)

などが挙げられます。

 

しかし、一般的に扱われる通貨ペアは、メジャー通貨ペアやマイナー通貨ペアではないでしょうか。

その中でもXMでのスキャルピングにおすすめなのは、メジャー通貨ペアといえるでしょう。

 

ただし、先ほどお伝えしたXMでのスキャルピングにおすすめのゼロ口座は、手数料がやや高めであることも特徴です。

しかし、EAなどは禁止事項に当てはまらないため、通貨ペアの様子を確認しながらスキャルピングを進めていきましょう。

XMのスキャルピング手法を活かそう

XMにおけるスキャルピングの手法について、今回はブログで具体的にお伝えしてきました。

ここまでをまとめると、XMではスキャルピングは禁止されていないものの、スプレッドの面を考えるとなかなか難しいのが実情といえます。

 

しかし、スキャルピングを行うためにスプレッドの狭さだけで海外fx業者を選択するのはナンセンスともいえます。

ですから、XMのメリットでもある、ボーナスの高さやサポートが厚く、信頼性がある面なども考慮しつつ、実際にスキャルピングを行うかどうか決めていくようにしましょう。

 

なお、XMでスキャルピングを行う場合には、マイクロ口座がおすすめですが、スタンダード口座も比較的スプレッドが狭い傾向にあるという口コミもあります。

そのため、実際にご自身で取引を行う中で、最終的には一番合っている口座や海外fx業者を選択することが重要といえますね。