カテゴリー
XMの知恵袋

XMはスキャルピング禁止?手法や通貨ペア、スプレッドや手数料などを解説!

買いと売りを一日の中で多く繰り返し、利鞘を稼ぐスキャルピング。

デイトレードの一種です。

細かく繰り返すので、スプレッド幅が狭い場合には効率のよい手法です。

そのため、中にはスキャルピングを禁止しているFX業者も存在しています。

XMはスキャルピング禁止なのか

XMでは公式サイトでしっかりと「禁止していない」と公言しています。
そのため、スキャルピングをしても口座の凍結はされません。

ですが、ルールは存在しています。

  • 複数口座間での両建て
  • 他社口座とXM口座での両建て
  • グループの口座間での両建て
  • 裁定取引の禁止
  • 正常な価格を反映していない取引の禁止

両建てとは、買いと売りのポジションを置く事をいいます。

XMでは、1つの口座での両建ては問題ありませんが、複数や、他社の口座を利用した場合、ペナルティーが課せられます。
ですが、言ってしまえば、通常の取引であれば何の問題も無いということ。

XMでスキャルピングする場合、注目すべきは違う場所にあります。

XMでスキャルピングするなら不利な理由を知っておくべき

XMでスキャルピングをする場合、不利といわれている大きな原因はスプレッドの差です。
同じ海外FXブローカーで比べるなら、XMでスキャルピングするより、他の海外FXブローカーの方がスプレッドが狭いのです。

スキャルピングOKとされる海外FXブローカーはスプレッドが狭く、利食える確率が飛躍的に上がります。

  • tradeview
  • axiory
  • titanfx

ただし、スプレッドだけで判断するのは早合点な部分でもあります。
肝心な時にスリッページしていては全く逆効果となってしまいます。

XMには少々スプレッドが広くても取引がしたい魅力があるのです。
おすすめの口座、通貨ペアを見ていきます。

XMのスキャルピングにおすすめの口座

XMでスキャルピングをするなら、口座選びが重要になってきます。
現在XMでは、3つの口座がありますが、スプレッドの狭さだけで見るなら、おすすめは「ゼロ口座です。

スタンダード口座の場合、USD/JPY の平均スプレッドが0.015、ゼロ口座の場合は0.01と差があります。

パッと見ただけでは0.005の差ですが、スキャルピングは数分の値動きで取引をするので、0.005といえど明らかな成果の差となって表れてくるのです。

XMでスキャルピングをするなら、ゼロ口座の開設を忘れずにしておくと良いでしょう。

XMのスキャルピングにおすすめの通貨ペア

スキャルピングをするなら、比較的な動きが緩やかでかつ活発な通貨ペアの方がよりチャンスにつながります。

FXで扱う通貨ペアのうち、おすすめしたい通貨ペアは「メジャー通貨」によるペアです。

  • メジャー通貨ペア(EUR/USDや、USD/JPYなど取引量も多い通貨ペア)
  • マイナー通貨ペア(CNH/JPYや、USD/TRYなど取引量の少ない通貨ペア)
  • エキゾチック通貨ペア(USD/BRLなど取引の扱いが少なく変動が激しい)

スキャルピングで利食いに徹するには、値動きが読みやすくニュースも手軽手に入り分析もしやすいという理由から、メジャー通貨をおすすめします。

XMのスキャルピング手法を活かそう

XMは約定率が高いため、スプレッドの幅が多少広くても利用する人が多い傾向にあります。
その理由として、スプレッドの幅に負けないくらいのメリットが多い事があげられます。
入金ボーナスやチャットサポートなど手厚いサービスが日本人の心を掴んでいます。

狭いスプレッドで利食い、広がったスプレッドでも確実な利益を確保できるXMのサービスを活かして思う存分スキャルピングを楽しんでください。