海外FXのリアルをブログで情報発信中!海外FXに興味のある方は是非フォローよろしく!

XM(XMtrading)の取引時間は?サマータイムや年末年始について解説!

XM(XMtrading)の取引時間は、サマータイムなどが導入されるとどうしても間違えてしまうことも多くなるものです。

XM(XMtrading)の取引時間としては、サマータイムのほかにも、クリスマスや年末年始など気をつけたいイベントがありますよね。

 

そこで、XM(XMtrading)の取引時間について、ここでは詳しくお伝えしていきます。

XM(XMtrading)の取引時間があやふやで、いまいちピンとこないという方は、ぜひこの機会に理解していきましょう。

XM(XMtrading)のサマータイムの取引時間

XM(XMtrading)の取引時間は、サマータイムによって時間が変化します。

サマータイムは、日本ではどうしても馴染みが薄いものですが、海外FXの取引では忘れずに考慮しなければいけません。

 

そんなサマータイムですが、具体的に説明すると、

  • サマータイムの導入日:3月の最終週の日曜日AM1:00から
  • サマータイムの終了日:10月の最終週の日曜日AM1:00まで

となっています。

 

サマータイムの期間中は、表示時刻からマイナス1時間の時間帯と考えて取引時間を確認するようにしましょう。

XM(XMtrading)のクリスマスの取引時間

XM(XMtrading)の取引時間としては、クリスマスの期間中も注意が必要です。

日本人としては、クリスマスで取引時間が変わるというのは、あまり認識しにくいところがありますよね。

 

しかし、実際には、

  • クリスマス当日である12月25日は、終日にわたって取引が不可
  • クリスマス翌日にあたる12月26日は、夕方16時以降から取引可能

といった変則的なルールが適用されます。

 

クリスマス期間中は、XM(XMtrading)の取引時間に注意するようにしましょう。

XM(XMtrading)の年末年始の取引時間

XM(XMtrading)の取引時間では、クリスマス同様に、年末年始についても注意が必要です。

年末年始の取引時間として具体的には、

  • 1月1日(欧米諸国では大晦日にあたる日)は、普通通りに取引が可能
  • 1月2日(欧米諸国では元旦にあたる日)は、夕方16時以降から取引可能

このように、取引時間が変わります。

 

ただし、この年末年始期間の取引時間は、その年によっても変わる可能性もあります。

そのため、年末年始の取引を行う場合は、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

XM(XMtrading)の土日・祝日の取引時間

XM(XMtrading)の取引時間でもっとも注意が必要なのは、土日・祝日の取引時間です。

実は、XM(XMtrading)では土日・祝日の場合、注文や決済も行うことができません。

 

これはXM(XMtrading)の場合、土日・祝日が取引時間外にあたるためです。

仮に、土日・祝日も取引を行いたい場合は、ビットコインなどを扱っている海外FX業者を利用するのがおすすめです。

 

ビットコインを扱っている海外FX業者としては、

  • FBS
  • hotforex
  • bigboss

などがあります。

 

しかし、XM(XMtrading)では、ビットコインなどの仮想通貨は扱っていないので、土日・祝日は取引の対応ができません。

XM(XMtrading)のおすすめの取引時間

XM(XMtrading)の取引時間でおすすめなのが、欧米の取引時間とちょうど重なる時間帯です。

たとえば、サマータイム期間ではあれば、PM21:00からAM0:00までの時間帯が取引時間としておすすめです。

 

また、サマータイム期間外であれば、1時間遅めに換算されますので、PM22:00からAM1:00までの時間帯がおすすめといえるでしょう。

これらの時間帯は、XM(XMtrading)の取引時間の中でも活発にトレードが行われるため、非常に有利に働きやすい時間帯です。

 

これらの特徴を活用して、XM(XMtrading)の取引を進めるのがおすすめですよ。

なお、XM(XMtrading)についてさらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ>>>

XMの評判は?入金と出金のやり方や口座開設情報まとめ